初めてのステーキ屋さん

社会人になって、お給料もそこそこ頂けるようになってから、初めて鉄板の上で焼くステーキ屋さんへ昨日彼女とディナーを食べに行きました。

鉄板ステーキといったら、TVのイメージでしかなく、高級でお高いイメージがありました。僕が行った所は、和歌山のステーキ屋さんで、こじんまりとした所でしたけども、雰囲気も良くデートのディナーにはぴったりの場所でした。

コースを注文すると、待ちに待った鉄板の上に、目の前で、黒毛和牛のお肉を焼いてくれて、そしてファイヤーも見せてくれて感動しました。

また驚いたのは、鉄板で焼いてくれたステーキに、ご飯とお味噌汁と熱いお茶もついていて、和食も出してくれるステーキ屋さんだったのです。ナイフとフォークで食べる堅苦しいところかと思ったんですが、慣れ親しんだお箸で食べれて、嬉しかったです。

デザートは鉄板の目の前の席を離れて、別の席で食べれたので、また雰囲気を変えて楽しむことができ、彼女と素晴らしいディナーを過ごすことができました。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

最近のブログ記事